不動産売却で大金をゲット|手放す前に知っておくべき知識

模型と男性

県が率先して対策してます

握手

店舗や賃貸住宅として活用

福岡県は空き家対策として、空き家の紹介を行っています。具体的な活用例として、店舗や賃貸住宅として転用されることが多いですが、高齢化に伴う福祉施設として活用されることもあります。上記は活用例の一部ですが、老朽化が激しい空き家については、取り壊しして駐車場や賃貸マンションやアパートとして再開発されることもあります。地主側は空き家を第三者に転用することで賃料が得られ、借主側は、店舗や福祉施設として活用する場合、室内を改装なりリノベーションすることで、少ないコストでお店や事務所を開くことができます。福岡県が空き家対策を率先していることもあり、不動産会社はビジネスとして空き家を活用する動きが増えています。

具体的な活用例あり

福岡県が空き家対策の具体例や調査などを紹介していることもあり、各市町村でも空き家バンクを設置して、空き家対策に動いています。具体的な転用術も紹介されてあり、問い合わせ窓口も不動産会社の連絡先が明記されていますので、希望に合致する場合は、問い合わせされることをオススメします。賃貸住宅やカフェ、雑貨屋などに活用されることが多いです。一軒家に住みたい方や、お店を出店するのを検討されている方で、コストを抑えたい方は必見です。福岡県の都市部よりは郊外で空き家が多いため、場所から探す場合は市町村役場や地元の不動産会社に問い合わせるのが効率的です。具体的な活用例もあることから、これから活用したいと検討されている方は、役所や不動産会社に相談すると良いです。